Your card has been compromised

昨日の話の発端となった、クレジットカードが不正使用されたときのお話です。

Nijiya でいつものように買い物をして、カードで支払おうとしたら、承認が拒否されました。支払いは滞っていないはずだし、どうしたのだろうと思いつつ、バックアップ用のカードで支払いを済ませました。その後、行きつけのガソリンスタンドで試してみましたが、やはりだめでした。家に帰ってからカード会社に電話をしました。すると、 Your card has been compromised、ゆえにアカウントを閉じた、と言われました。意味がわかりませんでした。compromised = 妥協する、と認識していたので、話が見えません。どうやら、compromised の意味が理解できていないので説明して欲しいと言うと、カード番号が何者かによって不正使用された、複数の番号が被害にあっている模様、それ以上の詳しいことは言えない、とのことでした。

compromise には、そういう意味もあったんですね。勉強になりました。

新しいカードは次の日に FedEx で到着し、事無きを得ました。

こっちのカード会社は、人間が直接電話に出てきました。 Nice!

| | コメント (0)

Awesome!

Awesome! という表現を最近よく耳にします。今の職場で、連発する人が近くにいる、それが伝染する、もともと Valley の若者がよく使う表現だ、に起因すると思われます。

Super!, Great!, Very good! を使ってもいいかもしれないシチュエーションで、Awesome! と言います。それから、電話で、それは良かったという意味を込めた「あ、そうなんだ」のような軽い相づちを打つときにも使えます。awe はあまりのばさずに、軽く言うのがいいみたいです。

I was wondering if you had a chance to do xxx.
Yes, I did, and in fact I also did ooo. 
Awesome!

という感じで使います。

おまけ -- Cool! の使用例です。

They opened a nice pub at the corner.
Cool!

これであなたも Valspeaker、若者の仲間入りです。Cool!

| | コメント (2)

今週の日本語

あるミーティングで、今日から毎週一言づつ日本語を教えるように言われたので、とっさに思いついた「おはようさん」から始めました。発音のポイントは、アクセントを「よ」にもってくるところです。ひとりが白板に、OH-HI-YO-SAN (howdy - morning) と書いてくれました。「おかげさまで」「いいあんばいで」「申し訳ございません」なども、順に紹介していこうと思います。

アメリカ人から言われたらちょっとうれしい日本語のひとこと、ありませんか?アイデアをお待ちしています。

| | コメント (4)

語尾上げは難しい

日本の語尾上げ人口が急速に増えている気がします。私も、日本に帰ったときに浮かないようにと、日本のテレビ番組を見て、旦那を相手に練習していますが、どの部分を上げればいいのか、自然な感じが出せません。

「みたいな」も、定着しているのでしょうか。英語にも、それに似た表現があります。like です。ティーンが特に好んで多用しています。昨日の散歩中にすれ違った女の子も、like xxxx...she says like xxxx... my parents go like xxxx... と、ちりばめていました。ハイウェイから見える看板に、こんなのがありました。「How many times did your daughter say like today?」-- あなたの娘さんは、今日何回 like と言いましたか?

| | コメント (0)